初期費用

1世代用の一戸建て住宅

不動産物件には、購入物件と賃貸物件があるが、その中でも賃貸物件への人気は高くなっている。
その理由には、いくつかのことがある。
まずは、初期投資を抑えることができ、手軽に住居を確保できるということがある。
購入物件の場合は、頭金の準備やローンを組むなど、初期費用の準備が必要になる。
しかし賃貸物件では、敷金や礼金などは必要になるが、購入物件に比べ少ない額で住居を確保することができる。
また、転居のしやすさも人気の理由としてある。
購入物件の場合には、1度購入すると転居が難しい。
しかし賃貸物件では、その物件を解約し転居先で新たな物件を契約するのみで済むため、手軽に転居できる。
これらのように、手軽に住居を持てるという点から、人気が高くなっている。

住居を確保する場合には一昔前までは、家を購入し確保するということが一般的であった。
しかし最近では、様々な理由から賃貸物件を選択するケースが増え、これらの利用が拡大している。
変遷してきた背景としては、核家族化の進展がある。
それまでは、大きな家に家族が何世帯かで暮らすことが一般的であった。
しかし最近では、都市部へ出る人が多くなっており、それに伴い核家族化が進んでいる。
その際、単身世帯で家を購入することはコスト面などを考えた場合不利であり、それの受け皿として賃貸物件が活用されているということがある。
またそれらを背景として、物件数が増え、設備や立地などの面で選択肢が増えたことで、さらに家を借りるという方向にシフトしてきている。